Skip to content

ふろしき講座(風呂敷講座)-受講生の声

ふろしき講座(風呂敷講座)の受講生から届いた声をご紹介します。

 

・風呂敷は家にあるが使う機会がないと思っていました。今日わかったのでこれから使いたいです。

・風呂敷は使っています。しかし用途が限られていました。勉強したので色々な場面で活用したいと思います。

・自分の国では風呂敷文化がありません。日本文化の勉強になりました。自国へ帰って広めたいです。

・結び方次第で便利な物に変わることがわかっりました。

・風呂敷バッグを使いレジ袋を断るようにします。

・風呂敷を持っている人を街で見かけたことがありません。使うにはハードルが高いと思いましたが、風呂敷の歴史を知って勉強になりました。

・昔から眠っている、シルクの風呂敷の利用法を教えてください。
(←いくつかアイデアをご提示させていただきました)

・語源もそうだから、銭湯にお風呂セットを入れて持って行きたいと思います。

・自分の国では季節に合わせた柄でティッシュボックスを包むというような繊細な発想がないので、
日本人の繊細な心配りがわかり勉強になりました。

・ビンを包んでプレゼントしたい。

・風呂敷はおばあちゃんが使っていたのを見たことがあったが、自分は今日初めて触れて感動した。

・家に帰って探したらたくさん出てきたので、工夫をして使いたいと思います。

・色々な文様の意味が理解できて面白かった。

・「真結びの力いらずのほどき方」には感動しました。今まで困っていました。

・お正月にお重を包むと便利だと思いました。

・〇〇地方の風呂敷の正しい使い方はこういうのもあります。(←勉強になりました)

・昔は書類を包んで持参したが新しい包み方の方が持ちやすいのでまた使ってみたい。

・先生が首に巻いている風呂敷の巻き方を教えてください(多数、日本人・外国人)。

・自分の国はプラスチックバッグを使う事が当たり前だと思っていました。使ってすぐに捨てられて便利だからです。風呂敷講座を通して環境問題を考えなければいけないと思った。

・昔は一升瓶のキャリーバックだった。醤油ビンもそうだった。懐かしい(回想)。

・ペットボトルを包むとバッグに水滴がつかなくて便利なので家族に教えます。

・風呂敷はどこで売っているのですか?できれば今流行りのが欲しい!

・続きをもっと勉強したいが次回はいつやるのですか?毎週風呂敷教室はやならいのですか?

・今日受講したのは2回目だったがすぐに忘れてしまう。忘れないように月に1回でもよいから受講したい。

・ビン包みだけを全部教えて欲しい。

・「真結び」を「固むすび」と呼んでいましたが間違いですか?(←地方によって様々です)

・蝶結びや、片方だけの蝶結びは持ち運ぶ際にほどけやすくて中身を落とす可能性があって危険だという事を知りました。きちんと結ばなければいけない人間関係と同じだと感じました。

・災害時にも役に立ち、ボレロにもなり、買い物にも役に立ち、何役にもなるので、皺にならないタイプのできれば薄くて扱いやすい風呂敷を購入して通勤に持って行こうと思います。どれが良いですか?

・着物を着た時、サイドバッグとして荷物を入れたい。どの結び方が一番便利ですか?

・(ビンの包み方)ワイン衣のドレープについて。これじゃだめですか?ドレープはもっと細かい方が良いでか?(←基本はこれ位ですがお好みです。風呂敷の柄など雰囲気もありますのでアレンジはご自由にどうぞ)

・安くて使い勝手の良い大きさ・素材の風呂敷を教えて欲しいのですが。(←人によって異なります)

・先生はいつもどんな風呂敷を持ち歩いているのですか?差し支えなければ見せてください!(←お見せいたしました)

・△を風呂敷に包んでプレゼントをしたいと思っています。風呂敷のサイズと文様は何が良いと思いますか?アドバイスお願いします。
※風呂敷ごと贈る時には「風呂敷もどうぞお使いください」
「風呂敷はお返しいただかなくて結構です」と一言付け加えてください。
受け手からお返しの品を包んで風呂敷も戻ってきてしまいます。

・着物を包んであった150㎝程度の大きさの風呂敷をたくさん持っています。着物はほとんど処分し今は着物を包んでいません。風呂敷をどのように再利用をしたら良いでしょうか?

・社内に毎日お弁当持参の方がいます。お弁当が小風呂敷に包んであるのを見ると温かい気持ちになります。お弁当包みも色々な結び方があるのがわかったので昼休みに披露しようと思います。

・風呂敷をもっていたらドロボーと勘違いされるかもしれない(多数。小学生・中学生)

・風呂敷から想像するのはマンガのキャラクター△です(多数。小学生・中学生)

・風呂敷を持って街を歩くなら、かわいくてお洒落な風呂敷が良いです(中学生)

・風呂敷ボレロを来て帰りたい(小学生)

・(風呂敷を)初めて見た&知った(小学生)

・結び方がわかりません(多数。小学生・中学生)

・環境問題は大切だ!風呂敷バッグを使ってレジ袋を断るようにする(小学生)

・母親が(風呂敷を)使っています。(小学生)

・自分の国へ帰ってから、日本文化のお土産ですと言って、風呂敷の使い方をみんなの前で披露した。見た方々は驚いていた(外国人)

 

 

 

<企業団体様のトップ(ご担当者)からの声>

・日本人でありながら日本文化を知らないことも多いので良い経験をさせて貰った。

・風呂敷を通して環境問題も考えるきっかけを作って頂いたことに感謝します。

・受講生のメンバーを入れ替えて別グループを対象にやりたいのでまた来て頂けますか?

・受講生はみんな楽しかったとのことです。見ているだけにしようと思ったのですが自分も引き込まれてしまい楽しんでしまいました。

・ふろしきパフォーマンスは目を見張るものがありました。

・アイデア次第で災害時にも役立つことを知ったので内部に広めようと思います。

・希望が多かったようなので次回は風呂敷の販売イベントの用意をして来て頂きたい。

・社名入り風呂敷を作って内外に配ろうかと検討します。相談に乗って貰えますか?

・〇に特化したものを次回はお願いしようと思います。

 

上記、過去(2017年~2019年)の一部抜粋。
引き続き追加していきます。

上記の声を頂いたの方々は風呂敷を知り風呂敷のある暮らしを楽しむ
「ふろしきニスト=フロシキニスト」です。

Comments are closed.